家ではかどらないなら、外でやればいい。

 

私は主に、

家で作業をする事が多いのですが、

 

作業をするとなると、

ついついスマホをいじってしまったり、

気が散ってしまったり、

 

休みの日だと、

実家暮らしなので、

時々親に話しかけられたりすると、

(ご飯どうする?出掛ける?とかそんな話)

 

集中力が切れてしまい、

再び作業に戻るのが辛くなる時があります。

 

先日、

両親が2泊3日の旅行で不在だったので、

仕事上がりに食事もかねて、

近くのファミレスに行き、

約2時間ほど作業をしました。

 

その日は遅番で、

行ったのが21時頃だったのですが、

お客さんは少なく、

(場所的に住宅地方面だからかな)

当然、途中で話しかけられることはなく、

賑やかな集団もいなかったので、

集中して出来ました。

 

「ブログ記事が1本書きあがれば良し!」

としていましたが、

次の記事もざっくりとですが、

書くことも出来ました。

 

教材で、

「環境にも投資しなさい」

と言われていましたが、

まさにその通りでしたね!

 

外に出た方が家にいるより、

はかどるんだなぁ〜と思いました。

 

とまぁ、

これは私の実体験のお話ですが、

「他人の目がある場所」で

勉強や作業をするのはオススメです。

 

家だと自分しかいないのと、

「リラックスする場所」と無意識に思っているので、

なかなかスイッチが入りにくいです。

 

 

思い出してみてください。

 

 

テスト勉強する時、

家より、図書館や塾の自習部屋でやると、

集中力が高まり進んだという経験はありませんか?

 

みんなが勉強している中、

自分は何もしないで、

ただ寝に来ている、ということはなかったと思います。

 

というか、

出来ないですよね(笑)

 

 

周りに、「何しに来たんだよ」って思われるし、

逆の立場なら私もそう思います。

 

 

それに、

ここまで来て何もしないで帰ることは

「もったい無い」という気持ちも生まれるし、

「一体何のためにここに来たんだ?」」となりますよね。

 

 

なので、

作業をする場所を選ぶなら・・・

静かで落ち着ける場所、

勉強や仕事をしている人がいるところが

良いでしょう。

 

 

マックでも良いけど、

(私もマックで作業はします)

 

 

カウンター付近は避け、

入る時間を考えた方が良いですね。

 

 

 

カウンター付近は、

 

人の出入りが多く、

スタッフの声などが入り混じり

慌ただしさも合わさって、

気が散りやすいし、

 

 

時間帯は、

 

食事の時間帯は避けた方が良いです。

理由はスタッフの焦りやせわしなさが

自分にも移り、落ち着かないから。

 

 

1度、

食事の時間帯に地元マックに入り、

空いていたカウンター付近の席に座って

作業したんですけど、

 

周りの音が気になって

あまり集中出来なかったことがあります。

 

それだったら、

職場のデパートに入っているカフェに

入れば良かった、と思ったほど

作業の進みは遅かったです。

 

マックと比べ、

少しお高めのカフェに入るのは、

気がひけると思いますが、

 

そういう場所には、

同じように落ち着いて勉強や仕事をしたいと

思っている人もいるし、

そんな場所でわざわざ騒ぎに来る人はいません。

 

静かに、心が乱されることもなく、

また同じように仕事をしている人もいたら、

相乗効果でお互いを高めあう事にもなっています。

 

 

そして、仕事や作業が進んで、

例えば誰かに価値を与えることが出来たら、

そのカフェ代は意味のあるものに変わると思いませんか?

 

それが「環境に投資する」という事なのです。

 

「いま集中したい」時や「集中できない」時は

思い切って、外に出てみましょう!

 

勉強作業する「環境に投資する(お金をかける)」のも

大切です。

 

 


***********************************************
私は現在、デパ地下のお菓子屋さんで働くと同時に、
インターネットにメルマガを使った自分の分身(仕組み)を作って、
代わりに働いてもらうようにもしています。

この働き方に出会う前の私は、
シフト制の働き方に疲れ、
「体と心にゆとりが欲しい」と思っていました。

資格取得するのは億劫、
転職活動するのは不安…

そんな時にインターネットでの働き方を知りました。


☆りんごじゅーすの詳しいプロフィール☆


あなたがもし、
今の働き方が辛く、
転職や副業で悩み、
将来に不安を感じているのなら、
私の話を聞いてみませんか?





詳しくはこちら