理想は高くても、ハードルは低く。

 

前回の記事は、

 

何か新しい事を始めようとした時に、

「無理!」と決めつけないで、

 

とりあえず、やってみましょうよ!」という

 

内容でした。

 

自分の可能性、せばめてない?

 

それでも、

「やっぱりムリ~」とか

「ハードル高いよ~」

と思ってしまう事ってあると思います。

 

理想とか、

目指す目標が高いと

自然とそういう風に思ってしまいますよね。

 

 

たとえば、

YouTubeで考えてみましょう。

 

 

私も始める前は

すっごくハードルが高く感じました。

 

 

人前で説明したりするのは

苦手なので、

(アドリブとか無理!)

 

 

ユーチューバーの人たちみたいに、

分かりやすく、

しかも面白く

話せるのだろうか?

 

 

とグダグダしていました。

 

 

興味はあるけど難しそう…と

やる or やらない、の

葛藤がしばらく続いていました。

 

 

でも

いつまでもグダグダしていられません。

 

 

そこで、

以下のように考え、

実行しました。

 

 

とりあえず、

今日は登録だけやろう。

 

登録できた。

 

じゃあ、次はとりあえず、

自己紹介の話す内容だけ

考えてみよう。

 

↓ 良い感じにまとまった。

 

じゃあ、試しにテスト感覚で

書いた内容をそのまま話して、

録音してみよう。

 

ん?なんか良い感じじゃん♪

 

せっかくだし

じゃあ、投稿してみようかな!

投稿完了!あ、出来たw

 

 

と、

こんな風に難しく考えずに、

ゆる~く考えました。

 

 

このブログを始めるときもそうです。

 

 

情報発信なので、

「教養のある内容じゃなきゃダメなんだ」

と思い身構えていましたが、

 

「とりあえず、まずは自己紹介だけでも書こうか!」

と思い、書きました。

 

 

私たちは「完璧」を

ついつい求めてしまいがちです。

 

そりゃ、

 

動画に音楽を入れたり、

見やすく編集して出した方が良いし、

ブログも誤字脱字はなくて、

内容もためになるものの方が良い。

 

ですが、

何も全部がぜんぶ、完璧である必要はなくて、

「必要最低限」でオッケーなのです、実は。

 

私もこのブログや

YouTubeを投稿する時は

「最低限、”これ”だけ伝われば良い」と

思ってしています。

 

 

たとえ、

時間をたっぷりかけて完璧にしたとしても、

その出来ばえってそんなに差異はないし、

読者さんも視聴者さんも

そんなにこだわっていないものです。

 

それに、修正もできますしね。

 

修正できるし、

どうしてもの場合は削除も出来る・・・

と考えたら気が楽になりませんか?笑

 

今日から、

新しい、慣れていない事には、

「とりあえず、ここまでやってみよう!」と

ハードルを低くして考え取り組み、

完璧を目指さず、

「必要最低限」のクオリティで出してみましょう!

 


***********************************************
私は現在、デパ地下のお菓子屋さんで働くと同時に、
インターネットにメルマガを使った自分の分身(仕組み)を作って、
代わりに働いてもらうようにもしています。

この働き方に出会う前の私は、
シフト制の働き方に疲れ、
「体と心にゆとりが欲しい」と思っていました。

資格取得するのは億劫、
転職活動するのは不安…

そんな時にインターネットでの働き方を知りました。


☆りんごじゅーすの詳しいプロフィール☆


あなたがもし、
今の働き方が辛く、
転職や副業で悩み、
将来に不安を感じているのなら、
私の話を聞いてみませんか?





詳しくはこちら