私が接客で心がけていること。

 

過去、

会社の飲み会で何回か後輩に

 

「りんごさんの接客を参考にしているんですよ~」

 

と言われたことがあります。

 

 

有難いことだし、

もっと参考になれるように頑張ろう!と

身が引き締まる思いです。

 

 

が、

 

 

大したことはしていないんです、本当に。

 

 

そこで今回は、

私が普段接客という仕事をしている中で、

心がけていることを書いてみました。

 

 

1.「笑顔」と馴染みのお客様には自分から挨拶する

 

 

はい。基本中の基本。

「笑顔」と「挨拶」ですね。

 

 

やっぱり、

愛想があるのとないのとでは

お客様の反応も違う!

 

 

全員というわけではないけど、

こちらが笑顔で接すれば、

笑顔で返してくださったり、

 

私の大きい独り言で終わるのか?

と思いきや、

最後の最後でぽつりと

「ありがとう」と言ってくださったり…

 

 

笑顔でいて、

悪い事ってほぼ無いのかなぁって

思います。

 

 

この「笑顔」というのは、

祖母から叩き込まれたものです。

 

 

私は

母方の祖父母と同居していたのですが、

家には親戚をはじめ、

祖父の友達や、業者さんなど

なにかと人の出入りが多い家でした。

 

 

なので、

家にお客さんが来たときは、

私も手伝いをすることが多く、

祖母には毎回、

 

 

「笑顔でお客さんに挨拶しなさい」

「愛想よくいなさい」

 

 

と言われました。

 

 

正直ウザかったし苦痛でした。

 

しかし、

それが今は接客に活かされているので、

感謝ですね。

 

 

常連のお客様がご来店したら、

笑顔で挨拶し、接客する。

 

 

当たり前のことですが、

逆の立場で想像したらどうでしょう?

 

 

笑顔で挨拶してくれて、

接客中もニコニコだったら

嬉しいと思いませんか?

 

気持ちよく買い物できますよね。

 

 

だからこれからも、

笑顔と挨拶は意識していきたいことです。

 

 

2.ムカつかない。心を穏やかにしている。

 

 

これは他のスタッフを見て思ったことですね。

すぐに顔に出てしまうスタッフがいて、

「愛想がない」「嫌な感じ」

とご指摘を多くもらっていたのを覚えています。

 

 

その状況を見て、

心の中で思っているだけでも、

負の感情は伝わってしまうものなんだと

学びました。

 

 

私だってムカついてしまう時はありますよ。

人間だもの。

 

「どうしてお金を投げるように置くのだろう」

「そんな言い方しなくても良いのに…」

 

などなど。

ぶっちゃけムカつく場面はいっぱい。

何度、心がぐちゃぐちゃになったことか・・・っ!

 

 

でも、

ムカついたってしょうがないんですよね。

 

 

そこで何かが変わるわけではないと悟り、

考え方を変えてみました。

 

例えば、

 

 

「この方は、

ここに来られる前に悲しい出来事や、

辛いことがあったんだ」

「今日は体調が優れなくて辛いんだ」

 

 

とか色々その方が来るまでのことを想像し、

思うようにしました。

 

 

実際はそうではないかもしれないけど、

自分だって、

具合が悪い時や、悲しい時、

焦ってしまう時は周りが見えなくなるし、

優しく出来ないこともありますよね?

 

 

そう考えたら、

 

「そういう日もあるよね」

「お互い様だよね」

 

と思えるようになり、

モヤモヤとした気持ちや

ムカつく頻度が減りました。

 

 

この考え方は、

仕事だけでなく、

日常でも使えるので

おすすめです。

 

 

3.1つ1つ丁寧にする。

 

 

これは、

私が実際にお客さまにご指摘を受けて

反省してから意識したことです。

 

 

その時の私は早番で

眠気、怠さと戦っていました。

(私は朝が弱いんです…苦笑)

 

 

そんな状態で接客をして、

最後のお品物を渡した時に、

そのお客様は私が「中指を立てた」と

お怒りになられました。

 

 

私は一切そんな気はなかったのですが、

手が触れて指が持ち上がってしまったのかも

しれません。

 

 

思い返してみると、

集中力がなくぼんやりとしていて、

笑顔もなく無愛想だったと思います。

そして、少しイライラもしていました。

 

 

その結果、

お客様に誤解を与えてしまったのだと思います。

 

 

それ以来、

「丁寧にする」というのを心がけました。

 

 

品物を出す時、

置く時、

袋に入れる時、

お金の受け渡し時…

 

 

指先まで神経を集中するように

しました。

 

 

そうしたところ、

別のお客様に、

「見ていて気持ちが良い」

「所作がキレイですね」

とお褒めの言葉をいただきました。

 

 

見ている方は見ています。

 

 

まとめ

 

 

以上3つが

私が普段の接客の中で心がけていることです。

 

 

すごーーーーく【当たり前】の事ですが、

過去の私は出来ていませんでした。

 

 

お客様のご指摘や、経験で

直したり、

より意識するようになりました。

 

 

そうすることで、

だんだんと気持ちよく接客出来る頻度が増えたし、

時には、有り難いことに

お客様にご指名を頂くこともあります。

 

 

私が言うのもなんですが、

意外と出来ていない販売員さんが多いのかな、、、と。

 

 

もっと笑顔だったら素敵なのに、

この販売員さん、怒っているのかな?

なんだか雑だな・・・

 

 

実際に私が接客やサービスを受けて

このような印象を受けたことがあります。

 

 

とてももったいないですし、

お互いに気持ちよく1日を終わりたいと思いませんか?

それは仕事だけでなく、

プライベートでも同じです。

 

 

私のこの心がけが

あなたの仕事や、

日々の暮らしに役にたちますように・・・。

 

 


***********************************************
私は現在、デパ地下のお菓子屋さんで働くと同時に、
インターネットにメルマガを使った自分の分身(仕組み)を作って、
代わりに働いてもらうようにもしています。

この働き方に出会う前の私は、
シフト制の働き方に疲れ、
「体と心にゆとりが欲しい」と思っていました。

資格取得するのは億劫、
転職活動するのは不安…

そんな時にインターネットでの働き方を知りました。


☆りんごじゅーすの詳しいプロフィール☆


あなたがもし、
今の働き方が辛く、
転職や副業で悩み、
将来に不安を感じているのなら、
私の話を聞いてみませんか?





詳しくはこちら