GW10日間企画の制作裏側を公開します!

 

今年のゴールデンウィークは驚きの10連休でしたね!

 

私は仕事でしたが、

(サービス業にとっては稼ぎ時♡)

 

何か便乗して、

楽しいことをしたいなぁと思い、

ある企画を立てて実行しました!!!

 

 

それは…

 

 

【ゴールデンウィークの10日間、

Twitterに毎日動画を配信する!】

 

 

というものです。

実際に作り配信した我が子たちはこちらです☆

↓↓

【りんごじゅーすのお喋り会】(再生リスト)

今回はその裏側をお見せしたいと思います!!

 

なぜ、10日間も動画を配信しようと思ったのか?

 

きっかけは、

4/13に行われた所属するコミュニティのセミナー帰りのことでした。

 

その時のわたしは、

あまり自分の思うようにビジネスや勉強が進んでおらず、

「どうすれば良いのだろう?」とモヤモヤしていました。

 

そこで、

帰りの新幹線でご一緒した参加者の1人の方に
思いきってお話を聞いていただき、

色々と教えてもらいました。

 

その中の1つに今回の企画につながる案がありました。

 

「絵を動かして喋らせる=アニメーション」。

 

それは私にはない考えでした。

そして、瞬時に「面白そう!やってみたい!」と思いました。

 

しかも、

絵が上手なその方はイラストまで描いてくださり、

「使っていいよ」とおっしゃってくださったのです!!泣

本当に優しさに溢れている方です。

 

 

その方の優しさに応えるためにも、

アニメーションの作り方を調べていると、

ちょうど次の週にゴールデンウィークが始まるなぁ、

ということに気付きました。

 

 

世間はウキウキムード。楽しそう…

せっかくだし、私も何か楽しい事をしたい!

そうだ!

アニメーションを作って、

それをゴールデンウィーク10日間限定でやろう!

 

となったのです。

 

こうして、私の挑戦は幕を開けたのです。

 

使用したもの

 

使ったものは以下の通りです。

 

≪アプリ≫

・ FlipaClip (アニメーション)

・Voice  Plus(ボイスチェンジャー/9日目のみ使用)

 

≪Windows内≫

・ボイスレコーダー

・ビデオエディター

 

≪編集ソフト≫

・WondersShare Filmora 9(無料プラン)

 

なななんと!!

全て無料で出来ちゃったのです!(>_<)

 

編集ソフトに関しては、

無料版だと広告バーが真ん中に1分間位出てしまいますが、

(実際の動画を参照してください)

1年プランとかに加入すれば出ないそうです。

 

私の場合は、

広告バーの位置がそれほど影響のないところだったのと、

またアニメーションのクオリティに、

その時はそれほどこだわっていなかったので、

無料プランのままで使用しました。

 

作り方

 

※自己流でやった方法です。

もっとやりやすい方法はあるかもしれません。

1つの方法として見ていただければと思います。

 

10日間分の話す内容と投稿の順番を決める。

 

  

※Twitterは2分20秒までの動画しかあげられません。

話すのが苦手な私は写メのように要点をメモして、

それを見ながら話したらやりやすかったです。

 

パソコンのボイスレコーダーでまとめて音声を録る。

※録れる時に、いっきに録音した方が楽。

 

アニメーション作り

 

1.スマホ「FlipaClip」を使って1秒間のアニメを2つ作る。

     

(↑通常時)        (↑瞬きver.)

 

→パラパラ漫画を書く要領で作っていきました。

1秒=30枚作成。

 

2.出来上がったアニメはDropboxに保存し、

ビデオエディターで2分間分、1分間分、10秒間分とつなげ合わせる。

 

音声とアニメーションを合わせる。

 

1.「WondersShare Filmora 9」を開き、「新しいプロジェクト」を選択。

 

2.作ったアニメーションと音声を1つずつインポートする。

→先にアニメーションからやった方が良いかも。

 

テロップを入れる。

 

※その前に!※

紙に何分何秒にどんな事を喋ったのか、書いておくと楽。

それを見ながらタイミングに合わせて組み込んでいくだけなので。

 

 

1.引き続き「WondersShare Filmora 9」で作業。

2.「タイトル」から「テロップ」を選択。

 

3.それぞれの画像にカーソルを合わせると「+」マークが出るので、

それをクリックすると反映される。

→カーソルを「+」マークに合わせずに、画像をダブるクリックすると、

横の画面にイメージが出るので、確認しながら選ぶ。

使いやすいのは、「42」。

 

編集も終わったら「出力」を押す。

 

1.「出力」ボタンを押す。

 

※アカウントを取得していない時はこの時に登録。

いくつかプランはあるけれど、私は無料のプランで

やりました。

2.出力する形式を選択。

※私はスマホからTwitterに投稿したかったので、

「デバイス→iPhone」という選択にしました。

 

3.分かりやすいように、動画に名前をつけて、

最後に出力ボタンをクリックすると、出来上がります。

 

※出力された動画の保存先は

「ドキュメント→WondersShare Filmora 9→Output」

というところにあります。

 

投稿する。

 

私はスマホから、Twitterに投稿したので、

出来あがった動画をDropboxに移動し、

「エクスポート→動画を保存→スマホの写真フォルダに保存」し、

そして、Twitterアプリを開いて投稿、という流れでやりました。

 

10日間動画配信で得たこと、学んだこと

 

意外とやれば出来る!

 

「自分にはアニメーションを作って、しかも編集とか無理!」

「難しそう」

と思っていましたが、とりあえず飛び込んでみたら出来ちゃいました。

 

「とりあえずやってみる」って大事。

 

宣言の力はすごい!

 

周りに宣言していたので、

 

「約束を守るためにも何がなんでもやる!」

 

という行動力が生まれました。

 

また、

「いいね」や「リプライ」があった事で、

見てくれている人もいるんだ!と分かり、

それも頑張る力になりました。

 

話すって意外と情報量が多い。

 

たかが2分20秒。されど2分20秒。

音声収録時には短く感じたけれど、

文字に書き起こしてみると意外と文字数が多い!

 

自分が思っているより、

喋るって多くの情報を伝えている事に気付きました。

 

作り手の大変さが分かった。

 

私は、2分20秒の動画のテロップを入れるのに、

2時間半位かかりました。

こんなに短い動画なのに、このくらいの時間がかかるんだったら、

ドラマや映画、漫画はどのくらいかかるのだろう…

 

制作することはそれだけ、

命を削って生み出しているんだと感じました。

 

だんだんと慣れてきたら、アイディアも生まれ、楽しくなった。

 

はじめの頃は、

ただこなすのに必死でワンパターンになりがちだったけど、

だんだんとやり方も覚えていくうちに、

「こうしたら面白そう!」「楽しそう!」という

アイディアや余裕も出てきました。

そうしたら、どんどんと楽しくなってきました。

 

やっぱりどこかで自分を過信してしまう。

 

この企画を立てた当初、達成できるか不安もありましたが

心のどこかでは

「短い動画だからなんとかなるでしょ」と思っていて、

あまり計画を立てず、行き当たりばったりでやりました。

 

案の定、後半が辛くなってきて、

投稿が日付超えての投稿になってしまいました。

 

過信の力は恐ろしい…。

 

自分が一生懸命に作ったものを見てくれるのは嬉しい。

 

自己満のような動画なので、見てくれる人はいないと思っていました。

というか、あまり期待しないようにしていました。

 

でも実際は、

見て下さる方がいて、しかも「いいね」を下さる

優しい方もいらっしゃいました。

 

それは純粋に嬉しくて、もっと良い物を作ろうと思えました。

 

本当に感謝です。

 

まとめ

 

あの10日間は正直しんどくて、何度も「やめたい!」と思っていました。

でも達成してみるとその満足感はハンパないです!

 

「しんどかったけど、新しい事に挑戦できて楽しかったぁ~」という

気持ちに変化しました。

あのわくわく感と達成感、

自分の成長を感じるために

これからも新しいことに挑戦しようと思います☆

 


***********************************************
私は現在、デパ地下のお菓子屋さんで働くと同時に、
インターネットにメルマガを使った自分の分身(仕組み)を作って、
代わりに働いてもらうようにもしています。

この働き方に出会う前の私は、
シフト制の働き方に疲れ、
「体と心にゆとりが欲しい」と思っていました。

資格取得するのは億劫、
転職活動するのは不安…

そんな時にインターネットでの働き方を知りました。


☆りんごじゅーすの詳しいプロフィール☆


あなたがもし、
今の働き方が辛く、
転職や副業で悩み、
将来に不安を感じているのなら、
私の話を聞いてみませんか?





詳しくはこちら