速くて記憶に残る、本の読み方。

 

『すごい読書術』 角田 和将 著

 

1年前に、

購入した本を今回もう1度ひっぱりだして

読み返してみました。

 

というのも、

日刊メルマガ内で

読書レポをやる際に、

もっと「読書の力」が身についていると、

便利だろうなぁと思ったからです。

 

 

1年前は、

そんなに本を読むペースは遅くはないけど、

「早く読めるようになれればいいな~」くらいで、

 

おまけで、

「内容もちゃんと入るような読み方があったらなぁ~」

と思っているときに出会いました。

 

まぁ…単純に、

「すごい」と書いてあるので、

よっぽどすごいのだろうと

ホイホイ釣られただけなんですけどね(笑)

 

 

改めて読んでみると、

1年前とは違う発見もあり面白かったです。

 

 

とくに、

読書が苦手だったり、

読んでいる途中で挫折してしまいがちな人にオススメの、

「本を速く読み、記憶させる」やり方だと思います。

 

 

 

ちょっとしたコツで速く読める

 

 

私もそうですが、

普通、本を読むときって、

頭の中で音読してしまいがちです。

 

 

それだけでも時間のロスになってしまいます。

 

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

答えはとってもシンプル。

 

 

頭の中で、

音読させないくらいのペースで読むことです。

 

 

目安として、

 

「1行=1秒以内」

「1ページ=10秒くらい」

 

のペースだそうです。

 

 

イメージとしては…

 

本屋さんでパラパラと立ち読みをしているかんじ

 

 

「どんな内容なのかな~」

「読みやすいかな~」

 

 

なんて、ざっくり目を通しますよね。

 

あの位の気楽な感じで、

まずは1冊を最後まで目を通すこと。

 

 

それがポイントとなってきます。

 

 

途中で、

気になる箇所や

前のページの内容が気になっても先に進む。

 

 

とりあえず、まずは「読みきること」が大切なのです!

 

 

思い出すことで内容が入ってくる。

 

 

1冊読み終えたら、次にする作業は、

「本の内容を思い出すこと」です。

 

 

出来れば紙に、読んだ本の内容を10分~15分かけて

単語でも良いから書き出していくのです。

最低3個は思い出せるように。

 

 

この「思い出す」という作業がより内容を

記憶しやすくしてくれます。

 

 

そして、思い出しているときに

曖昧や思い出せない単語や箇所が出てくると思います。

 

最低1分~5分くらい粘って、それでも思い出せないときは

その時は、もう1度本を開いておさらいします。

 

 

が!!!

 

 

その探し方もポイントがありまして…

 

 

「素早く探すこと」!!!!

 

 

探す作業にも速さが求められています(笑)

お目当てのところがあったら、今度はゆっくりとその箇所を読んで

頭に入れます。

 

 

「素早く読む・探す」ことで

情報の週主力が高まるのです。

 

 

そしてやっぱりアウトプット。

 

 

はい、定番の反復とアウトプットです(笑)

 

やはり、ちゃんと記憶に残すにはアウトプットが基本なんですね。

 

 

 

直接人に話して説明しても良いですが、

 

なかなか機会がない人には私のように、

 

 

ブログやメルマガでアウトプットするのも効果的だとか。

 

 

しかも、それらSNSは一方通行のツールなので

とても気軽に出来るのでオススメです^^

 

 

誰かに話す、ブログに書くつもりで本を読むのもまた、

記憶に残る読み方です。

 

 

あとは、

実際に本に書かれていること実践したり、

舞台になっている場所に行って体験してみるのも

記憶に残りやすいです。

 

 

まとめ

 

 

以上の事をまとめると、

速くて記憶に残る本の読み方は、

 

 

1.頭の中で音読させないスピードで読む。

   目安は「1行=1秒以内」

 

2.内容を思い出す作業をする。

    曖昧なところを探すときは素早く!

 

3.人に説明したり、SNSに書いたりしてアウトプットする。

    実際に本に書いてある事や場所を経験してみるのも良し。

ぜひ、この読み方でどんどん読書を楽しんじゃいましょ~\(^O^)/

***********************************************
私は現在、デパ地下のお菓子屋さんで働くと同時に、
インターネットにメルマガを使った自分の分身(仕組み)を作って、
代わりに働いてもらうようにもしています。

この働き方に出会う前の私は、
シフト制の働き方に疲れ、
「体と心にゆとりが欲しい」と思っていました。

資格取得するのは億劫、
転職活動するのは不安…

そんな時にインターネットでの働き方を知りました。


☆りんごじゅーすの詳しいプロフィール☆


あなたがもし、
今の働き方が辛く、
転職や副業で悩み、
将来に不安を感じているのなら、
私の話を聞いてみませんか?





詳しくはこちら