「1日 1冊読書 ✕ 7日間 → 日刊メルマガで内容紹介」をやってみた。

今回、6/23~7/4の間で、

 

【1日 1冊、読書をし、

その内容を日刊メルマガ内で紹介する。】

 

という挑戦をひっそりしていました(笑)

 

その振り返りをしてみます。

 

1.やろうと思ったきっかけは単純。

 

なぜ、この挑戦をやろうと思ったのか……

 

理由はいたって簡単です。

 

日刊メルマガのネタが切れそうだったのと、

 

ただ単に、

 

面白そうだったから\(^O^)/

 

 

深い理由は残念ながらないです(笑)

 

「1週間 1日 1冊 読書をする」

 

もちろん最初はビビりました。

だからまわりに宣言もしませんでした。

 

けれど、

やり始めたら1日ごとの達成感が大きいのと、

期限付きの目標が、やる気を出させてくれ、

ゲームのような感覚で取り組めました。

 

「1週間でクリアするぞー!」

「このイベントのランキング上位を目指すぞ!」

 

っていうかんじですね^^

 

2.やり方は30日コミットと一緒!

 

今回も、同じ方法でやりました。

 

あらかじめ決めておかないと、

テンパってしまう性分なので、

まずは、

読みたい、読もうと思っている本を7冊決めて、

 

読む順番を決めたら、それを並べて、

 

あとは毎日順番に読んでいくだけ。

 

もちろん、その日の気分によって

順番を変えてもOK。

 

1日 1冊読んで、

日刊メルマガに書くのがメインなので、

順番はそんなに重要ではありません。

 

 

実は、本のジャンルも意識をしていて、

同じジャンルの本だと

私も、読者様も

つまらなくなってしまうから、

なるべく似たような感じにならないように、

気をつけていました。

 

 

3.まさかの…?!

 

すでに、お気づきかもしれませんが、

 

実は、

 

7日間毎日配信ではなかったのです(泣)

 

最初は「1週間 1日 1冊 読書をする」で

すすめていました。

 

途中、メルマガの配信時間内で読み終わらずに、

中途半端なままで紹介したこともありますが、

その日中には本は読め終えていたし、

メルマガもちゃんと配信できていたから、

 

このまま順調に達成出来そうだな、と

思っていました。

 

が!!!!!!

 

残りあと2日のところで、

風邪をこじらせてしまい、

 

本を読むことも

メルマガを書くことも出来ず、

 

泣く泣く休刊(・_・、)

 

60日メルマガチャレンジの

連続配信も途絶えてしまい、

 

私にとっては結構ショックなことで、

 

「このままやめてしまおうか、、、」

 

とまで考えていました。

 

けれど、

 

だんだんと薬が効いて熱も下がり、

気持ちも元気になってきたら、

 

毎日配信は達成できなかったけど、

ここまでやってきたし、

 

この際、自分ルールを発動させて(笑)

 

合計100日目指してまたやろう!

読書も残り2冊読んで書こう!と思い再スタートしました。

 

4.終わってみて思うこと。

 

意外と出来ちゃう。

「1日、本1冊、しかも日刊メルマガで紹介なんて無理ゲー」

と思っていましたが、

やってみると、意外や意外!

出来ちゃうものなんだと思いました。

まだまだ、自分の中にブロックがあると、

と気付かされました。

 

もちろん、

最初は出来ないと思っていたので、

こうしてなんとか出来たことは私に達成感と

自信をくれました。

 

本の内容が、普通に読むより頭に入りやすい。

ただ1日1冊読書するのではなく、

日刊メルマガに紹介をしなければならないという

意識があったから、

普通に読むより内容が頭に入りやすかったです。

もう1つ悔しいこと。

本を読んで、

日刊メルマガで紹介するのは良かったのですが……

同時にブログにも書いて投稿できたら

最高に良かったなぁ~と。

最初はその予定でしたが、

1冊読み終えるのに必死。

からの、

メルマガを書くことに必死で、

ブログを書くガッツが足りませんでした。

今後の課題ですね。

まとめ

途中、風邪を引いてしまってピンチでしたが、

ポッキリと折れたまま終わることなく、

達成出来て良かったです^^

 

まだまだ課題はありますが、

ひとつひとつ、

解決出来るように取り組んでいきます!

 

 


***********************************************
私は現在、デパ地下のお菓子屋さんで働くと同時に、
インターネットにメルマガを使った自分の分身(仕組み)を作って、
代わりに働いてもらうようにもしています。

この働き方に出会う前の私は、
シフト制の働き方に疲れ、
「体と心にゆとりが欲しい」と思っていました。

資格取得するのは億劫、
転職活動するのは不安…

そんな時にインターネットでの働き方を知りました。


☆りんごじゅーすの詳しいプロフィール☆


あなたがもし、
今の働き方が辛く、
転職や副業で悩み、
将来に不安を感じているのなら、
私の話を聞いてみませんか?





詳しくはこちら