自分に期待せず、出来ない自分を受け入れる。

Pocket

 

私はよく落ち込みます。

 

 

人にキツく言われたり、

周りと比べて劣っていると感じると、

感受性の強いのも加わって、

すぐに悲しくなり落ち込みます。

 

 

一人っ子で両親や祖父母に頼りっぱなしで、

世間や競争というものを知らず、

「甘えて生きているからだ」と言われればそれまでなのですが・・・

 

 

あなたも、やっている事が上手くいかなかったり、

進んでいないと感じたり、友人や同僚と比べてしまったりして、

がっかりしてしまう事ありませんか?

 

 

私は最近では、

所属しているビジネスアカデミー仲間のTwitterやブログを見て、

自分も頑張ろう!と奮起するのですが、課した目標が達成出来ないと、

落ち込んでしまい、その間にも仲間はどんどん進んでいき、

置いていかれるような気分になり、

 

「自分はみんなと違って努力や行動が出来ていないからダメだ」

 

とウジウジしてしまいますが、ある時気づかされました。

 

「自分はなんて出来ない人なんだ」と思ってしまうということは、

 

 

「自分は出来る」と思い込んでいるということに!

 

 

それはまた、

 

「’’出来ない自分’’を考えていない」

 

とも言えます。

 

「自分はダメ。だから頑張らないと!」と思うことは悪い事ではないです。

その思いが行動源になることもあります。

 

けれど「自分はダメだ。」と思い続けると、

だんだん脳に刷り込まれてしまい、

思考が停止してしまいます。

そうすると、今度はそういう「ダメな自分」の行動を自らするようになり、

 

やる気もなくなり、余計やろうと思っている事が出来ない→落ち込む、

 

の負のループに陥ってしまいます。

 

 

ではそのループから抜け出すにどうすれば良いのでしょうか?

 

 

それは、

 

 

「出来ないダメな自分もいることを受け入れる」こと!!!

 

 

「出来ないダメな自分」を受け入れると、

出来ないしダメだからこそ、どうすればいいのか、

という視点を持つので、対策とかを練ります。

 

「出来る(と思っている)自分」視点で考えるのではなく、

「出来ないダメな自分」視点で考えるのです。

 

 

簡単そうでなかなか難しいこの考え方。

私もまだ抜け切れていません。

 

 

そして、出来ない自分視点での課題作りは、すごく小さな課題にします。

「えっ?こんな簡単な事を課題にする?」位で問題ないです。

例えば、

 

・毎日ジム通いは難しいから、帰りは駅の階段を登る。

・本を5分間読む。

・音声教材をとりあえず聞き流す。

 

 

こんな感じで良いのです。

小さくても達成したらそれは立派な成功体験です。

だって「出来ない自分」が「出来た」のですから。

 

出来た!という成功体験をたくさん作れば、

やる気や自信にも繋がっていきます。

 

ちなみに上記は私が実際にやっている課題です。

 

 

でも、

それでもまだ!!

 

 

落ち込んでしまう時には、

 

「出来ない、出来なかった」と思った時に、

もう1人の自分がいたとして、今の自分を見てみるのです。

そして、気づきやアドバイスを送るのです。

 

 

例:ブログを書こうと思ったけど書けなかった。

何も書かなかったではなく、おおよその構成は考え少し書いたから良し。

 

ポイントは、大切な人の相談にのるような感じでする事です。

 

大切な人からの悩み事には親身になり、指摘することもあるけれども、

良いところも探し解決策を見つけ出そうとしますよね?

ついつい人は自分の事になると手厳しくなるものなので、

客観的になると冷静になり、解決策や対策が探しやすくなります。

 

まとめ

 

1.「自分は出来る」と思わない。「出来ないダメな自分」を受け入れる。

 

2.小さな課題を作り達成する。

 

3.客観的に自分を見て、アドバイスを送る。

 

 

私もまだまだ自分を過信しているところがあります。

「出来ないダメな自分」を受け入れるのは難しく時間はかかりますが、

お互いに頑張りましょう!