ダンビラムーチョのネタ作りはどっちがしてるの?時間や場所もどこか調査!

ダンビラムーチョのネタ作りはどっちがしてるの?時間や場所もどこか調査!

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」


Pocket

12月24日に決勝進出として出演するダンビラムーチョのネタに反響がありました。

今まで2018年にキングオブコントで準々決勝、2020年から3年連続で準決勝に進出し、M1では2010年から出場、2018年と2022年で準決勝進出して今年である2023年に初決勝進出を果たしました。

たくさんの結果を残していますが、どっちがネタ作りをしているのか時間や場所は、どこで完成させているのか気になりますよね。

ここではダンビラムーチョの、どっちがネタ作りのために時間を使っているのか場所は、どこで練習しているのか見ていこうと思います。

 


ダンビラムーチョのネタ作りはどっちがしてるの?

ダンビラムーチョはネタ作りを、どっちがしているんでしょうか。

どちらか1人がネタ作りをしている場合や、2人でおこなっている場合もあります。

調べてみたところ、ダンビラムーチョは2人で協力してネタを作っているそうです。

 

ネタの作り方はどうやっている?

ネタの作り方は、どうしているのか調べてみました。

具体的にはわかりませんでしたが、2人で気が済むまで話し合いをしてるそうです。

今後ネタ作りの裏話とか聞けると良いですね。

 


ダンビラムーチョのネタ作りをしている時間や場所はどこ?

ネタ作りをどこでしているのか気になります。

自宅やファミレス、お気に入りのカフェなど、様々な場所を聞きますよね。

調べてみたのですが、ダンビラムーチョは板橋区にあるファミレス『ガスト』でネタ作りをしているそうです。

ネタ作りをしている時間帯は分かりませんでしたが、3~4時間かけて気が済むまで話し合いしてるとのことでした。

 

どんなネタを作っている?

ここで、ダンビラムーチョが今までにどんなネタを作っていたのか見てみたいと思います。

  • 漫才:鼻歌まじりのForever Love
  • 漫才:オリジナルゲーム
  • 漫才:首を絞められながらでも歌える(失神ネタ)

など主にオススメのネタ3つほど紹介してみました。

他にも野球あるあるネタとか、様々な面白いネタを作っています。

特にファンから人気があるのが、『首を絞められながらでも歌える』というネタで、通称『失神ネタ』とも呼ばれてる漫才です。

どんなネタなのかは『ダンビラムーチョの失神ネタって何?M1決勝でやる可能性はある?』で紹介しているので是非見てみて下さい

 

ファンの声

さて、ファンからどんな声があるのか見てみたいと思います。

ファンの声いかがでしょうか。

準決勝でのネタが面白かったやM1決勝のネタも楽しみにしているという声が多かったです。

 


まとめ

ここではダンビラムーチョはネタ作りをどっちがしているのか、どのくらいの時間を使って完成させて練習場所はどこでしているのかを見てきましたが、いかがだったでしょうか。

ネタの作り方は分からないところはありましたが2人でファミリーレストランで色んなネタ作りを時間をかけて話し合いしていると知りファンも出場するたびに、どんなネタで笑わせてくれるのか期待していると思います。

私も、お笑いをよく見ていますが、お客さんを笑わせるというのは結構、難しいですが決勝に選ばれたということでダンビラムーチョを知るファンのみなさん応援しているので、ぜひ優勝してもらいたいです。

ここまでダンビラムーチョのネタ作りをどこの場所で、どっちがしていたのか見てきました。