市子その後は生きている?ラストシーンの意味も考察

市子その後は生きている?ラストシーンの意味も考察

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」


Pocket

映画『市子』は、原作が戯曲「川辺市子のために」という、監督が主宰する劇団チーズtheater旗揚げ公演作品という点で珍しいのではないでしょうか?

ここでは、市子がその後生きているのか、またラストシーンの意味も考察していきます!

映画の中での市子のその後、市子は生きている?

ラストシーンの意味合いなども含めて、考察しお伝えしたいと思います。

市子とは、どういう女性なのか本当の市子とは?を探っていきます。

 


市子その後は生きている?

ラストシーンで、黒い服を着た市子は鼻歌を歌って1人で歩いていましたね。

この様子から、冬子の身分証などで戸籍を手にし、市子は幸せを得るためにこれからも生きていく、という事を意味しているのかと考えられます。

 

原作でその後は分かる?

映画『市子』の原作は「川辺市子のために」で、続編として「川辺月子のために」が上演されていました。

姉妹の情が消えからなのか、一番それを見てきたはずの月子の視点を描くべきだった、という意見もあります。

それにより、市子や映画そのものにより膨らみが持てたと思い、その分、市子と月子の関係を掘り下げるところまで描かれたのではないでしょうか。

「川辺月子のために」の、詳しい情報は調べてもハッキリとはせず、映画がヒットしてスピンオフ「月子」を期待するという声も上がっているようです。

 


市子のラストシーンの意味も考察

ラストは、意外性があって衝撃ですね。

自分を愛する北や、たまたま見つけた自殺志願の女性を上手く使って、市子は自分の身代わりを仕立ててしまうのです。

女性の身分を奪い、自分は死んだことにして市子はまた図太く生きていくていきます。

それは可能?と思うものの市子には戸籍がなく、存在を公的に証明するものは何もないのです。

色々な方向性を考えると、警察も甘いところがあるし、市子を知る人物もいるわけです。

そして、観客は市子がかわいそうという感情になりがちです。

でも、市子はしたたかに生きてきて、これからもそうでしょう。

ラストシーンでは、海辺をひとり歩く市子の姿が…。

 

北と冬子はどうなった?

海中から引き揚げられた車に男女2人の遺体が発見され、これは子の同級生の北君と自殺願望を持つ北見冬子という女性のようでした。

ですが、北が死を選ぶような人だろうか?という疑問が湧いてきます。

だとしたら、誰がどうやって心中に見せかけた?となりますが、市子1人でできたのかは疑問ですね。

自殺願望を持つ冬子が、関わっての事でしょうか?

真相を知っているのは、市子だけ…という事になるのかも知れません。

 

見た人の声

『市子』を実際に観た人の声を取り上げてみます。

重くて考えさせられるという感想、何より杉咲花さんの演技が凄くよかったという声が、とても多かったです。

 


まとめ

映画「市子」は、杉咲花さん主演で原作は舞台からのものです。

ここでは、市子のその後は生きているのか、ラストシーンの意味などについて考察を交えてお伝えしました。

ラストシーンでもわかるように、市子は生きているのです。

きっと、これからも、したたかに。

ラストシーンで、1人海辺を歩く市子を考察すると、市子は何があっても生きていく意味合いみたいなものを感じます。

その後も、市子は何度でも同じ事を繰り返してでも、悪びれる事すらなく生きていくのだと思います。