日本のカメラワークが下手でひどい理由はなぜ?

日本のカメラワークが下手でひどい理由はなぜ?

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」


Pocket

日本の音楽番組にもK-POPアイドルの出演が多くなってきました。

紅白にも出演し、K-POP人気が高いことが伺えますよね。

しかし、かねてよりファンの方が疑問に感じているのは日本のカメラワークが下手でひどいということ。

韓国の音楽番組に慣れていると、日本のカメラワークが違和感に思うようです。

今回は、日本のカメラワークが下手でひどい理由はなぜなのか調べてみました。

 


日本のカメラワークが下手でひどい理由はなぜ?


もともと日本はアーティストの表情を捉えたり、ダンスのフォーメーションに特化していました。

それにあわせてかアーティストの振りも、現在のような激しくてシンクロ率が高いものがなかったので、表情やフォーメーションに集中していたのだと思います。

そして、韓国の音楽番組のような動きのあるカメラワークは正直慣れていないので、下手でひどいと感じるのではないでしょうか?

 


まとめ

日本のカメラワークが下手でひどい理由がなぜなのかについてご紹介しました。