中村アン英語の発音が上手い理由はなぜ?勉強法や経歴も調査!

中村アン英語の発音が上手い理由はなぜ?勉強法や経歴も調査!

Pocket

ドラマ『NICE FLIGHT!』で中村アンさんは航空管制官という役柄から、英語を話すシーンがあります。

中村アンさんが英語を話すシーンを見た視聴者からは、「発音が上手い!」「きれい!」という声があがっているのです!

なぜ、英語の発音が上手いと言われているのか・・・その理由が気になりませんか?

また、どのような勉強法をして習得したのか、英語に関する学校に通っていたことがあるのか(経歴)についても知りたいです。

そこで今回は、中村アンさんの英語の発音が上手い理由はなぜなのか、勉強法や経歴について調査してまとめました!

 


中村アン英語の発音が上手い理由はなぜ?

航空会社が舞台となった大人のラブストーリーを映画いているドラマ『NICE FLIGHT!』。

ヒロインを演じる中村アンさんは、飛行機が安全に飛ベるように誘導する、女性航空管制官役を演じています。

ドラマ内では英語を話すシーンがあり、視聴者からは初回から中村アンさんが話す英語が「きれいで上手い!」という声があがっていました。

なぜ「きれいで上手い!」と言われるのか視聴者の声を見てみると、航空管制官という常に冷静な判断が求められる仕事なこともあって、落ち着いたトーンの声が聞いていて落ち着く、という声が多くありました。

落ち着いた聞き取りやすい声といのもあって、「上手い」や「きれい」と言われるのでしょう。

 

「発音が上手い」と言われるポイントは?

専門的にはどういったのが「発音が上手い」と言われるのか、そのポイントを調べてみました。

上手い都言われるポイントはこちらの5つ!

  1. はっきりと大きな声で話す
  2. 正しい発音を身につけている
  3. アクセントをつける
  4. リズムがある
  5. 発音しない音や繋がる音を意識している

英語の発音を褒められたいと思っている方は、意識してみると良いでしょう。

 


中村アン英語の勉強法や経歴も調査!

中村アンさんは英語の発音が上手いと言われるために、どのような勉強法で学んだのでしょうか?

調べてみたところ、おこなっている勉強法については出てきませんでした。

ただ、ドラマ『NICE FLIGHT!』の場合は、航空管制官という専門用語が多い職業なことから、英語のセリフを紙に書いて自宅の壁に貼って覚えたりしたそうですよ。

実際に管制塔に行って仕事の見学や管制官の方に取材もしていたそうで、役に対して真摯に向き合っていることが分かりますね。

それから、中村アンさんの経歴を調べてみると、カナダに留学経験があることが分かりました!

カナダには当時中学生だった15歳の時に3週間留学していたのだとか。

これは2014年2月28日に放送された『アナザースカイ』で話されていました。

また、高校生の修学旅行でイギリスに2週間ホームステイした経験があるそうです。

芸能界に入ったのは大学生時代からですが、キャビンアテンダントを夢みていたそうで、英語を学べる学校に入ったことがあるそうですよ。

キャビンアテンダントの夢は叶いませんでしたが、その時の経験が活かされているのかもしれませんね。

 

ハーフで国籍はどこ?

中村アンさんはハッキリとした目鼻立ちから『ハーフ顔』とも言われています。

また、「アン」という名前も加わって、中村アンさんがハーフなのではないか?と思った方もいるのでは?

ハーフなら英語の発音が上手いのも納得ですよね。

しかし、中村アンさんはハーフではなく純日本人です。

ご両親も日本人ですし、国籍も日本でした。

 


まとめ

中村アンさんの英語の発音が上手い理由はなぜなのか、勉強法や経歴について調査してまとめました!

ドラマ『NICE FLIGHT!』で中村アンさんの英語の発音が「上手い!」と話題になり、なぜのか理由を調べてみると納得です。

また、気になる勉強法や経歴も探ってみると、努力家でその時々の経験が活かされていることが分かりました。

このドラマをきっかけに今後、もっと英語を話すシーンが増えるかもしれませんね。

その時はもっとレベルアップした中村アンさんの英語の発音が聞けるかもしれません!