からかい上手の高木さん実写映画が原作と違うと言われる理由なぜ?キャストも比較

からかい上手の高木さん実写映画が原作と違うと言われる理由なぜ?キャストも比較

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」


Pocket

「からかい上手の高木さん」は、山本崇一朗氏による漫画、そして劇場版アニメです。

ドラマ化も2024年3月頃に予定されていますが、ここではドラマより少し後の2024年5月31日に封切り予定の実写映画「からかい上手の高木さん」を取り上げます。

実写映画が原作と違うと言われている理由はなぜでしょうか?

また、キャストの比較も原作と違う点があるのかも気になりますね。

実写映画「からかい上手の高木さん」について、原作と違うとするならばその理由となぜなのか、キャストの比較も交えてお伝えします!

 


からかい上手の高木さん実写映画が原作と違うと言われる理由なぜ?

実写映画「からかい上手の高木さん」が、原作と違う理由はどんなところでしょうか?

原作と大きく違うのは、中学生時代から10年後のオリジナルストーリーだという事でしょう。

特にファンにとって反対要素が大きいようですね。

 

なぜ原作と違うようになったの?

原作では中学生時代なのに、なぜ10年後のオリジナルストーリーになったのでしょうか?

何か理由がありそうですよね。

調べてみるとファンの間でこのような推測がされていました。

  • 実写映画では、原作のファン層に合わせて10年後という設定にしたのでは?
  • 中学生〜高校生の役柄より、原作の魅力を表し演技力のあるキャストにしたかった?
  • 成長した高木さんや西片の、その後を見せたかった?

どれも納得出来る推測ですよね。

 

世間の声

原作と違う点に、少し不安を感じている人もいます。

元の「からかい上手の高木さん」で充分、キャストもイメージと違う、原作とは違うものになる、などの意見があるようです。

 

楽しみにしている声

一方で、楽しみ!という声もあります。

キャストもピッタリ、どういうストーリーになるか楽しみ、映画版なりのよさがありそう、と楽しみな人もいます!

 


からかい上手の高木さん実写映画が原作と違うのかキャストも比較

次は実写映画で演じるキャストの方と原作とを比較してみましょう。

2023年12月現在で決まっているキャストを比較してみました。

 

高木さん:永野芽郁

高木さんは、西片と同じクラスで隣の席です。

成績優秀でスポーツもできて、中学の入学式で出会った西片に好意を持っていて、西片の事をよくからかいます。

 

永野芽郁のプロフィール

永野芽郁さんは、女優、タレントとして活躍されています。

映画では「地獄の花園」「そして、バトンは渡された」「母性」などに、ドラマでは「半分、青い」「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」「ユニコーンに乗って」などに出演しています。

 

西片:高橋文哉

高木さんに、いつもからかわれて心の中で「高木さんめぇ」といつも言っています。

仕返しとして、からかってやろうと思いつつ、すぐに顔に出てるのですぐバレてしまうのです。

 

高橋文哉のプロフィール

髙橋文哉さんは、俳優でありモデルです。

ドラマでは「仮面ライダーゼロワン」「最愛」「女神の教室〜リーガル青春白書〜」「フェルマーの料理」などに、映画では「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」「交換ウソ日記」などに出演しています。

 


まとめ

漫画が原作の「からかい上手の高木さん」の実写映画が2024年に公開となります。

今泉力哉監督も、原作者の山本崇一朗さんも楽しみにしているようですね!

ここでは、原作と違う点やその理由はなぜなのかをSNSの声を元にまとめ、またキャストの比較も調べてみました。

実写化の映画という事で、原作と違う点や理由はなぜなのかについては、楽しみという人とあまりよく思わないという人、様々です。

楽しみという人たちは、原作と比較してキャストが合っているとの声もあります。

実写版映画「からかい上手の高木さん」、どういうオリジナルストーリーなのか気になりますね!