河合優実インスタグラム本物はどれ?偽物の見分け方も紹介!

河合優実インスタグラム本物はどれ?偽物の見分け方も紹介!

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」


Pocket

1月26日からスタートしたドラマ「不適切にもほどがある」に出演している河合優実さんが注目されています。

ドラマを見て、その可愛らしさのクールさもあって惹かれてた方も多いかもしれません。

そんな河合優実さんのインスタグラムがあれば毎日でも見に行きたいですよね。

しかし、河合優実さんのインスタグラムを探すと多くてどれが本物か分りません。

もしフォローしたアカウントが偽物だったらショックです。

偽物の見分け方も知りたいですよね。

そこで今回は、河合優実さんのインスタグラムはどれが本物なのか、そして偽物との見分け方について調べてみました。

 


河合優実インスタグラム本物はどれ?

インスタグラムで気になる芸能人の出演情報や日常の写真などを見ると楽しいですよね。

河合優実さんのインスグラムもフォローして楽しみたいところです。

調べてみたところ、残念ながら河合優実さんはインスタグラムはやっていないことが分りました。

ハッシュタグを使った名前はありますが本人のアカウントはなさそうです。

しかし、今後人気がさらに高まるとインスタグラムのアカウントを開設するかもしれません。

その時を心待ちにしていましょう!

 

Xはやっている?

X(旧twitter)はどうでしょうか。

こちらも多くの芸能人がプライベートや告知をするのによく使用されていますよね。

調べてみたのですが、事務所のアカウントでの紹介はありましたが、Xも河合優実さん本人が、やっているアカウントはなさそうです。

では、SNS以外で何か河合優実さんの写真などを見れるものはないのでしょうか?

女優さんやモデルさんなど個人の写真集を出してる方もいますが、河合優実さんの個人の写真集はありませんでした。

写真集ではありませんが、2022年に有名ファッション雑誌『SPUR(シュプール)』で自身の初の巻頭表紙をしています。

ブランド服を身につけた河合優実さんは、ドラマとは違ったアジアンビューティーな美しさです。

気になる方はぜひお求めになって見てください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SPUR(シュプール)2022年10月号 [雑誌] 表紙/河合優実
価格:819円(税込、送料無料) (2024/2/14時点)

 


河合優実インスタグラム本物と偽物の見分け方は?

河合優実さんインスタグラムを本物と偽物の見分け方は、どうしたらよいのでしょうか。

本物と思いフォローしてしまったりファンアカウントと知りフォローするなど色々あるの思います。

 

見分け方①:公式マーク

インスタグラムには公式アカウントがありアカウント名の隣に青いチェックマークが表示されているんです。

インスタグラムから正式な公式アカウントとして認証された信頼の証拠として誰にでも分かりやすいバッジなのでプロフィール欄を見れば本物かどうか、すぐ分かりと思います。

 

見分け方②:フォロワー数やフォローしている人を確認

インスタグラムにはフォロワー数やフォローが表示されるので、アカウント画面で確認ができて、どんな人をフォロワーしているのか本人もフォローしているのか見ることができます。

 

見分け方③:「ファンアカウント」と書いてあるかどうか

インスタグラムのアカウントには画像を載せる部分の下に紹介文が入力できる場所があり、そこに「ファンアカウント」や「ファン垢」などが書かれていればファンのアカウントだと見分けがつきます。

 


まとめ

さて、河合優実さんがインスタグラムをしているのか本物のアカウントあるのか、どれが偽物のアカウントなのか見分け方を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

私も利用していますが今もですが、始めた頃も分からないことばかりでアカウントが本物か偽物かも分かりませんでしたし、ファンアカウントの方のコメントで本人ではないとショックを受けた時もありました。

なぜ、気づかないのか、それはファンの画像を載せているから疑うことなく本人だと思いフォローしてしまうということでしょうか。

使っていくうちに本物だとマークが付いていること、フォロワー数、フォロー数、ファンアカウント、ファン垢だと紹介文に書いてあるのを見て判断するようになりました。

インスタグラムを使用したことがない人だと分からないことばかりだと思います。

今後もファン本人のアカウントなのか確認をしてフォローすることをオススメします。

ここまで、河合優実さんはインスタグラムをしていないのか本物は、どれで偽物との見分け方を追求してきました。